• GoogleMapsAPIのウェブでの料金

    GoogleMapsAPIはウェブからの利用とスマホなどからの利用で料金が違ってきます。

    GoogleMapsAPI情報を簡単に請求できます。

    GoogleMapsAPIは基本的に無料で使えるように設計されており、料金がかかるのはお店情報などの地図以外のデータ呼び出しと考えてよいです。

    ただし、大規模サイトなど、アクセス数が基準を超える場合には無料枠のある標準版ではなく、プレミアム版への移行が必要なケースも多いようです。

    T-SITEならこちらのサイトがオススメです。

    GoogleMapsAPIでの料金は標準版とプレミアム版で考え方がかなり異なりますが、一般的には標準版を利用するケースが多いようです。

    標準版は古くからあるGoogleMapsAPIサービスとほぼ同じ考え方で利用できます。ウェブでの利用の場合はホームページやブログに地図を埋め込んで利用するだけなら無料で利用可能です。

    また、地図上にお店の情報などを載せたい場合でも1日辺りの無料枠が決まっており、また、90日程度の連続利用での無料枠も決まっています。
    多くのサイトでは無料枠で収まることが多いようですが、アクセス数が多いサイトなどではプレミアム版の利用も検討すると料金を抑えられるケースが多いようです。


    GoogleMapsAPIのウェブ利用では地図関連の呼び出しの他にジオコーディングや行き先案内などの各種サービスもAPIで用意されています。



    こちらについては1日2500アクセスまで無料っであり、それ以上は1000回アクセスで課金が行われます。