• GoogleMapsAPIの料金と利用方法

    GoogleMapsAPIはグーグルの地図サービスであり、無料枠もある使い勝手の良いサービスを呼び出す方法です。
    GoogleMapsAPIは主にWEBで地図を使う際に利用されることが多いのですが、IOSやAndroidなどアプリでの呼び出しも急速なアクセス増となっているようです。

    GoogleMapsAPIはJavascriptなどから呼び出して利用しますが、以前のようにAPIキーをすぐに取得できなくなり、ユーザー登録と課金の登録をすることになります。ユーザー登録については無料で行うことができ、クレジットカードなどを登録しなくても利用することはできます。

    気軽にGoogleMapsAPIの人気が上昇しています。

    ただし、無料枠は2段階あり、料金を支払うためのクレジットカードやデビットカードで本人確認ができればAPI呼び出し数が一気に増えることになります。

    カードの登録は避けたい方も無料枠が増えますので登録しておきたいところです。

    ユーザー登録がすめばAPIキーの取得ができます。


    料金にはAPIキー取得料金も入っていますが、取得だけなら無料です。

    YOMIURI ONLINEの情報サイトを利用して良かった。

    料金は無料枠を超えた段階から課金がスタートします。

    無料枠は1日でのアクセス数できまり、主にAPIの呼び出し数でカウントされています。

    また、Androidやios、WEBそれぞれでカウントが変わってきますので注意したいとろこです。また、1日のAPI呼び出し数の他に90日などある一定日数での利用回数でもカウントがあるので注意したいところです。